ボトックスならエラ悩みを解消できる|会社を休むことなく小顔になる

リピートするなら断然お得

医者と看護師

だから小顔になれる

各院の裁量で価格を自由に設定できるボトックスのエラ治療は、料金形態も個々の美容外科で大きく異なるのが基本です。初回限定者向けに1回目の治療費がリーズナブルに抑えられているクリニックもあれば、ビジター料金と会員価格の2つを併設している医院もあります。また繰り返し治療の患者向けに、一定期間内の継続治療なら割引価格を適用する所や、複数回のセットプランが整う美容整形外科も少なくありません。リピート注射は小顔でいられる期間を延ばせることから、長期間小顔を持続させたい場合では、基本的な施術スタイルとなっています。そこで、定期的にボトックスをエラに注射するつもりなら、最初から継続割引やセットプランを選べるクリニックで治療するのが豆知識です。セットプランの場合は一時的な出費こそ大きくなりますが、施術単価が一般価格より安くなりますので、総額ではお得になります。もしも現金一括払いが厳しい状況でも、メディカルローンの活用を豆知識として覚えておきますと、月々少ない負担でもボトックスのエラ治療が行えるので安心です。元々筋肉の痙攣治療などで使われていたボトックスが、エラを小さくして小顔にしてくれることには理由があります。一見無関係に見えるこの2つの治療も筋肉が共通項となっており、ボトックスのエラ治療は、厳密には咬筋へボトックスを打つ施術です。正常な筋肉は、神経筋の接合部分の末端から放出されるアセチルコリンを介して脳の指示を受け取り、その内容に従って動かします。アセチルコリンは神経の末端にあるアセチルコリン小胞に留まっており、この小胞とタンパク質の1つであるSNAP-25が結合して放出されるのです。ところが、ボトックスにはSNAP-25を崩す効果があり、このタンパク質が壊れた結果、アセチルコリン小胞よりアセチルコリンも出なくなります。アセチルコリンが放出されなければ脳の命令もエラの筋肉に伝わらないため、咬筋が動かなくなり、未使用期間が続くことで痩せて小顔になるという仕組みです。そのため日常生活での過剰使用などで咬筋が大きく膨らんでいる人ほど、この治療を受ければエラがグングンとしぼんでいくといった、魅力的な小顔効果が期待できます。